読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOTAXの日記

飽き性だけど、のらりくらり。

【コメディ】ショーン・オブ・ザ・デッド

映画紹介

好きなんスよね.....ゾンビ.....

と多重債務者W君の様に、自分はゾンビ物が大好きです。

ゲームも映画も。

 

で、今回紹介する映画は
原作レイプな「バイオハザード」...
でも無く
ゾンビ映画の礎的な「ゾンビ」...
でも無く

 

ショーン・オブ・ザ・デッド」のご紹介です。

 

概要 

 

 

タイトル:ショーン・オブ・ザ・デッド(Shaun of the Dead)
ジャンル:ホラーコメディ
監督:エドガー・ライト
主演:サイモン・ペグ
製作:2004年・イギリス

 

こんな作品

「日常生活に突如ゾンビが現れたら?」
と、正にコレを地でいってる作品です。

良くあるゾンビ物の展開は、

研究所やなんやらからゾンビ化のウイルスやらが漏れ出す

アウトブレイク

生き残る為や原因究明の為にゾンビと戦う

とかが一般的ですが、この作品は突然ゾンビが蔓延ります。
原因?治療法?
んなもん関係ありません。

だって考えてみてください。
ある朝、街中がゾンビだらけになってたらどうします?

「クソ!街中ゾンビだらけだ!治療法を探さないと!」
んなアホな。

主人公達はあくまでも生き残る為にゾンビから逃げます。

 

演出としてコメディな部分もありますが、ゾンビが生活に紛れ込むとそれだけでコメディになるもんなんですよね。
意外に。

 

良い点・悪い点

いくらコメディでもグロいシーンはいくつかありますので、それは注意。ソフトでもありません。

おバカ要素とか下らない事も多々ありますが、ゾンビの特性はしっかりと掴んでいるので、ゾンビ映画と見ても良作です。

同じ様な作品の「ゾンビランド」が好きなら見るべき。いや、見ろ!

 

ゾンビ映画に多大な影響を与えたであろうこの作品。
悪い点があるとすれば「いや〜それは無いわ〜」みたいな部分に好き嫌いが分かれるかも。

 

総評

主演の「サイモン・ペグ」は脚本にも参加しています。
出演者の「サイモン・ペグ」と「ニック・フロスト」は「宇宙人ポール」でも同じ様な役で出演しており、そちらもオススメ。
メタ発言がいい。

 

ゾンビ映画?ホラーは苦手だ。」と言う方にもオススメなこの作品。
グロが苦手じゃなければ、楽しめる作品かと思います。

レンタルもVODでもありますので、是非ゾンビコメディを確かみてみろ!


ちなみに、自分の中での「ウォーキング・デッド」はヒューマンドラマです。