読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOTAXの日記

飽き性だけど、のらりくらり。

GTA3シリーズ

PCゲーム

唐突にGTAシリーズがやりたくなり、なんのハードで買おうか迷っていた最中、Steamで出てるのを知り、購入しました。

 

GTA:VCはDVD版を持っていましたがどっかに行ってしまったので再度購入。

GTA3、GTA:VC、GTA:SAの三本入って2980円だったので買でした。

 

「そういえば、ビジネス向けノートPCだけど大丈夫かな?」と思いましたが、何年前のゲームだよ!と言う事もあり、余裕でした。

 

OS...Windows 10

CPU...i7 5500U

RAM...8GB

ビデオカード...オンボード

 

grand theft auto III

GTA3シリーズ一作目の作品です。

3、VC、SAでGTA3シリーズなのを初めて知りました。

登場キャラクターも後の作品に関わってきたり、登場したりするので重要な作品です。

 

ゲーム性としては、バイクが無かったり、バランスも極端だったりと初心者向けでは無いですが、3DアクションになったGTAをしっかりと表現出来ているかと思います。

 

自分のPCでは互換モードを使って起動しています。(XPSP2)

重くもなりませんが、メモリー制限のせいか昔のPCと挙動は変わりませんね。

 

grand theft auto:Vice City

GTA3シリーズ二作目。

GTA3がLibertyCityという都会だったのに替わって、今作はViceCityというリゾート地です。

モデルはマイアミ。

 

GTA3では主人公が一切喋りませんでしたが、今作からは喋りまくります。

一癖も二癖もあるキャラクターが織り成すクライムドラマは映画の様です。

まあ、映画「スカーフェイス」をかなり意識しているので、そうと言えばそうなんですが。

 

二作目という事で、前作のいい改良作となっており、初心者にも安心な難易度になってます。

正直、これがやりたくてトリロジーパックを買ったんですよね。

 

こちらもGTA3と同じ動作でした。

が、若干動作がモタつく場面もありますね。(昔の時と同じなので仕様かと)

モリー制限がネックかと。

でも、出来ないレベルでは全くないので、気にしなければ問題無し。

 

grand theft auto:San Andreas

GTA3シリーズ三作目。

過去二作がマフィアをメインにしていたのに対して、今作はギャングをメインに扱っている作品です。

主人公も黒人になり、二作と違ったドラマが楽しめます。

 

今作はスキルや体型変更、服装の詳細変更など、集大成に相応しいゲーム性となっています。

当時は驚愕のマップサイズと世間を一風しました。

 

実は、自分は未プレイなんです。

当時のPCではスペックが足らず、枕を濡らしておりましたが、流石に今なら問題無く動くと思います。

なんたって、当時は数十万したスペックが今は数万で手に入るわけですからね。

推奨RAMが1GBだったりと、市販のノートPCでも余裕かと思います。(ビデオカードは...)

 

早くVCクリアして、こっちもやりたいです。

 

まとめ

当時は高水準のPCが必要だった作品も、今や低スペックでも動く様になったと思うと、自分も年を取ったと感じました。(違う)

 

やはりPCの進化は凄まじい速さで進んでいるんだと実感しましたね。

安価で手に入れたPCでゲームが出来る。

当時は高価なゲームが安価でまとめ売りされている。

 

あの時出来なかったゲームを今プレイ。

懐古厨と呼ぶかは分かりませんが、いいゲームは何時やっても楽しいですね。

 

最新作もまたやりたくなってきますしね。

(PCではスペック足らずでした)