読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOTAXの日記

飽き性だけど、のらりくらり。

【ミステリー】エンゼル・ハート

映画紹介

資格勉強してる時より何もしていない時間の方が早く感じます。

要は資格勉強がクソ面倒くさかったわけですね。

 

そんな時には映画を見よう!

 

概要

 

エンゼル・ハート [Blu-ray]

エンゼル・ハート [Blu-ray]

 

原題:Angel Heart

監督:アラン・パーカー

主演:ミッキー・ローク

製作:1987年・アメリカ

 

カルト的人気を誇る作品で、宗教的な問題から上映中止をした映画館もあったとか。

ミッキー演ずる主人公もいいですが、ロバート・デ・ニーロの怪演も光ってます。

 

こんな映画

探偵である主人公が依頼人から人探しを頼まれ、探している中、殺人事件へと巻き込まれて行く。

 

と、簡単なあらすじを述べるとこんな感じですが、見ていると違和感を感じ始めます。

古い映画なので、ネット上に様々な考察がありますが、まずは無知識で見て下さい。

 

人を探す主人公に独特な雰囲気を持った依頼人。

謎のカットや意味深な言い回しなど、純粋なミステリーらしさがある中、トドメにデカイ爆弾を落としていく...

そんな作品かと思います。

 

そのメッセージは一度見ただけでらは理解出来ないかも知れません。二回見ましょう。

自分は見ました。

 

流れとしては...

 

無知識で見る

考察サイトなどを見て知識を蓄える

再度見る

 

これがいいかと思いますね。

 

まとめ

自分の趣味的なもので、新しい作品より古い作品をよく見るんです。

 

「やっぱり映画は20世紀に限るわ。」

 

と、トグサの奥さんよろしくな感じですね。

 

でも、技術が今程発展していない中、制約を乗り越えて作っていた頃の物は、涙ぐましい努力と天才的なアイディアに遭遇する事ができる物だと思います。

 

勿論、クソ映画も多々ありますがね。