読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOTAXの日記

飽き性だけど、のらりくらり。

バイオハザードについて

TVゲーム

自分が初めてクリアしたバイオハザードバイオハザード2でした。

小学生の時ですかね。

 

そこからバイオハザードシリーズにハマり、数々のバイオハザードをプレイしてきました。

 

今回は、そんな愛するバイオハザードシリーズに苦言混じりで語っていこうかと思います。

 

そもそもバイオハザードとは?

 

バイオハザード

バイオハザード

 

 1996年、株式会社カプコンよりPlayStation専用ソフトとして第一作目が産声をあげました。

ゲームデザインの元となったのは、フランス産のPCゲーム「アローン・イン・ザ・ダーク」です。

 

アローン・イン・ザ・ダークがオカルトホラー寄りだったのに対し、バイオハザードはウイルスによる事件、生物災害をテーマとしたホラーアドベンチャーでした。

バイオハザードは生物災害を意味した環境用語です。)

 

独特は雰囲気、独特な操作方法(ラジコン操作)、限りあるアイテムなど、その一風変わった感じがファンの心をガッチリ掴んだ作品です。

 

近年の作品では多くのユーザーを取り入れる&マンネリ化脱却の為、大きなモデルチェンジを行い、古参のファンからの賛否が飛び交っています。

 

バイオハザード

 

バイオハザード

バイオハザード

 

ラクーンシティ郊外で多発する猟奇殺人を調査する為、市警の特殊部隊が出動し、悪夢の事件に巻き込まれて行くという物語です。

 

グラフィックやバランスはお世辞にも良いとは言えませんが、独特な演出やマルチエンディングなど、バイオハザードの基礎を作った作品です。

 

「ドンカムディスウェ〜イ」

 

バイオハザード2

 

バイオ・ハザード2

バイオ・ハザード2

 

ラクーンシティバイオハザードが発生し、新人警官のレオンと前作主人公・クリスの妹・クレアが、ゾンビ蔓延る街からの脱出を試みる物語。

 

前作よりグラフィックやバランスはパワーアップしており、ザッピングシステムの採用により、新たな恐怖を演出しています。

続編達に多大な影響を与えた作品で、度々話題に上がります。

 

「エイダァァァァ!!」

 

バイオハザード3

 

BIOHAZARD 3 LAST ESCAPE カプコレ

BIOHAZARD 3 LAST ESCAPE カプコレ

 

ラクーンシティでもう一つの冒険劇があった。一作目主人公・ジルがゾンビ蔓延るラクーンシティから脱出を試みる。バイオハザード2と時間軸が多々被ります。

 

バイオハザードバイオハザード2でマンネリ化を懸念したスタッフが脱却の為に様々な機能を追加した今作。

緊急回避やライブセレクションなど、賛否はありますが、雰囲気を維持しつつ新たな面白みを追加した意欲作です。

 

「S.T.A.R.S...」

 

バイオハザード ガンサバイバー

 

バイオハザード ガンサバイバー

バイオハザード ガンサバイバー

 

シーナ島で起こったバイオハザードから決死の脱出と真実を求める物語。

 

ガンコン対応作品としてデビューし、他の作品とリンクしている外伝作品。

視点も俯瞰から主観に変わり、より恐怖がました作品です。

ガンコンが無くても楽しめますし、一周一時間程度で遊べる手軽さも魅力。

 

「ダーイビンセント、ダーイ!」

 

バイオハザード コード:ベロニカ

 

 

バイオハザード コード:ベロニカ完全版

バイオハザード コード:ベロニカ完全版

 

クレアはアンブレラに忍び込むも捕らえられ、ロックフォート島と呼ばれる島に運ばれる。そこで起こるバイオハザードから脱出を行う物語。

 

ドリームキャスト専用で販売されましたが、後にPS2へも移植されました。

今までの作品に比べ、格段に進化したグラフィックや映画の様なストーリーから高い評価を得た作品です。

 

「アイアム、アルフレッド・アッシュフォード!」

 

ガンサバイバー2 バイオハザード コード:ベロニカ

 

ガンサバイバー2 バイオハザードコード:ベロニカ PlayStation2 the Best

ガンサバイバー2 バイオハザードコード:ベロニカ PlayStation2 the Best

 

ストーリーはコード:ベロニカと同じです。

 

この作品はゲームセンターで稼働していた作品であり、ステージクリア方式を採用した独特な作品です。

ガンサバイバー一作目に比べ、最近のFPSゲームに近くなった感じのゲームシステムですが、かなり荒い作りになってます。

ゲストとして、バイオハザード3のネメシスが参戦してます。

 

「ピコン...ピコン...ティーリ!」

 

バイオハザード アウトブレイク

 

バイオハザード アウトブレイク

バイオハザード アウトブレイク

 

バイオハザード状態のラクーンシティから市民が脱出を試み、協力する物語。

バイオハザード2より前の話。

 

オンラインで協力しつつ、ゾンビ化する前にステージをクリアするオムニバス作品。

今までの主人公はゾンビに噛まれても草をモシャモシャすると回復しますが、この作品の主人公達は一般ピープルなのでゾンビ化が進みます。

続編としてFILE2も発売されました。

オンラインが今程普及してなかった為、そこまで爆発的には流行りませんでしたが、オフでも十分過ぎる内容でした。

 

「アーハン」

 

バイオハザード0

 

biohazard 0 「メモリカード59付」

biohazard 0 「メモリカード59付」

 

洋館事件の前、レベッカはブラボーチームと共にラクーンフォレストを調査していた。そして洋館事件へと繋がる事件へ巻き込まれて行く。

 

ニンテンドーゲームキューブ専用として販売された今作、GCのパワーを遺憾なく使った高品質グラフィックやパートナーと一緒に行動するシステムなど新規プレイヤーのみならず、古参のプレイヤーも唸らせた作品です。

 

「ディスウェイ」「イヤッ」

 

バイオハザード(リメイク)

 

biohazard 「メモリーカード59」付

biohazard 「メモリーカード59」付

 

 一作目のリメイクです。

が、ただグラフィックを綺麗にしただけでなく、様々な追加要素が盛り込まれた今作。

難易度はシリーズ随一と言われています。

初代をプレイした古参ファンは遺憾なく、スタッフの術中にハマった面白い作品です。

 

まとめぇ...

ちかれた...

 

とまあ、この後の作品はモデルチェンジを行った作品で、古参兄貴からは賛否の別れるものでした。(自分も含め)

その内、そっちも書くと思います。

 

さて、最近の作品から触れたプレイヤーは初代のラジコン操作に惑わされ、古参のプレイヤーは最近のシステムにてんやわんやする...

そんなユーザーフレンドリーな作品こそが、バイオハザードシリーズなんですね。(?)

 

 

 

ついこの前、バイオハザード7が発売されましたが、まだプレイしてません。

バイオハザードの名前を冠した別ゲーな感じで中々食指が伸びないんですよね。

 

個人的には昔のシステムに戻して欲しいですが、今のユーザーは確実に拒否反応を示すと思うので、中々難しい橋を渡っているシリーズだと改めて感じましたね。

 

ちなみに、好き作品はバイオハザード4以前のガンサバイバー2以外全てですね。