読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOTAXの日記

飽き性だけど、のらりくらり。

CASIO MTP-V008L-7B2

腕時計レビュー

 

「nacon revolution」のせいで霞んでしまってましたが、これも買いました。

今回はこちらのレビューでも。

 

*写真は面倒だったので無しです。

 

外見

値段は2,200円とリーズナブルでしたが、パッと見は値段を感じさせません。

文字盤がお洒落で、ビジネス・プライベート共に使えるポテンシャルを持っているかと。

 

ただ、近くでよく見ると材質的な安っぽさが出てしまうのは致し方ないです。

この安っぽさは「作りが甘い」わけではなく、「しょうがない」レベルですので2,200円の限界と言ったところでしょうか。

 

ベルト

付属の革ベルトですが、かなりちゃちいです。

自分は初めから合皮のnatoベルトへ換えようと思っていたので問題では無かったんですが、そのまま使うとなると安っぽさが目立つ要因になるかと思います。

 

また、バネ棒外しでバネ棒を外す際も、ベルトに隙間が殆ど無かったので取り外す際は本体への傷も気を付けないといけなかったです。

 

その他

natoベルトに換装した事で本体の軽さが圧倒的に際立ちました。

重い時計に慣れた人には若干不満かもしれませんが、普段から腕時計を着けていない人にもすんなり受け入れられるかと思います。

 

本体の薄さは薄過ぎず厚過ぎない感じです。

Yシャツの袖口に引っ掛かるか掛からないかの厚さなので、ビジネスシーンでも悪目立ちはしないと思います。

 

一応、生活防水なのでお手手を洗う時も安心です。

 

まとめ

revolutionという2万円の影に隠れてしまった2千円の腕時計。

やはり、普段から使う物は値段云々より使い易さが重要だと再確認しました。

 

値段 ≠ 使い易さ

 

...まあ、revolutionは値段に相応した使い易さだったんですがね。